お酒対策にタウリンが効果的な理由とは

お酒に強くなる対策にはタウリンが効果的といった話を聞いたことはありませんか。タウリンですが、魚介類などに多く含まれる成分でもあります。多くの食材に含まれているので摂取しやすい、といった利点もありますが、まとまって摂ることがなかなかできません。そこで、栄養ドリンクなどで多めのタウリンを身体に入れるようなことを実施している方も多いのです。

今回はお酒に強くなる対策としてタウリンが効果的なのか、といったことについてお話します。効果的なのであればサプリメントやドリンクなどで摂取したい、と思っている方も多いかもしれません。

・タウリンには肝臓の機能を高める機能がある!

タウリンといえば滋養強壮能力が極めて強い、といった印象が強いことも事実です。実は肝臓に対しても良い働きがあります。人の体内の胆汁の主要成分である胆汁酸の分泌に関わっているのです。他にも肝細胞の再生を促進させてくれたり、細胞膜自体を安定させてくれるような機能が認められています。タウリンには高い肝機能向上作用があるわけです。

ちなみに胆汁酸の分泌が活性化すると、血中のコレスとレール値が下がります。コレステロールの排出が促進される、といったデトックス効果のようなものも得られるのです。

肝細胞の再生ですが、肝臓が弱っていると再生しにくい状態になってしまいます。その状態が長期間続くと、肝臓としての機能自体が弱ってしまい、アルコールに対応できなくなってしまいます。二日酔いが長く続く、といった状態になりかねません。肝細胞の働きが活性化すれば、肝臓の機能自体を向上させてくれ、アルコールの分解も早く済むようになりますよ。

・タウリンは1日あたりどれくらい摂取すればよいのか?

3,000ミリグラムから6,000ミリグラムが必要、といわれています。ちなみに食事から摂取できる量ですが、500ミリグラム以下、といったことが言われています。圧倒的に少量のタウリンしか我々は摂取していないのです。もちろん、我々の身体でもタウリンは生成できるので摂取する必要がない、といった考え方もありますが、なるべく体外からも摂取して体内にタウリンを補給させてやる必要があります。

ちなみにタウリンを豊富に含んだ食材ですが、たこやイカ、そしてあさりなどがあります。それらを毎日食べる、といったことは難しいですよね。サプリメントを利用して、積極的に摂り入れて、お酒に強くなる対策をしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ